ハワイに行く前に、最低知っておかなければならないこと!!

旅行

ハワイに行く前に、最低知っておかなければならないこと!!

ハワイとは?

ハワイ州は、太平洋に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国の州である。漢字では「布哇」と書く。州都はオアフ島のホノルル市である。アメリカ合衆国50州の中で最後に加盟した州である。

ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、ミッドウェー環礁を除いたすべての島が、ハワイ州に属している。

北西ハワイ諸島の北西端からハワイ諸島の南東端のハワイ島まで、全長1,500マイル (2,400 km) にわたっている。州全体が島だけで構成されることではアメリカ合衆国で唯一の州である。

自然の多様な景観、暖かい熱帯性気候、豊富な公共の海浜と大洋に取り囲まれていること、および活火山の活動があることで、観光客、サーファー、生物学者、火山学者などに人気のある目的地になっている。

130万人を超える人口の他に常に観光客やアメリカ軍軍事関係者が滞在している。

出典 http://

出典 http://seasonal-events.com

今はすっかり、観光地として定番のハワイ。南国の代表するような島国です。
漢字で「布哇」と書くとは知りませんでした。漢字なんてあったんですね。人口は130万人以上もいるのですね。

基本は英語で会話します。ワイキキ等の観光中心街では日本語を話せるスタッフが多いので言葉にはさほど心配ないと思います。
英語とハワイ語、日本語が混ざった独自の言語(ピジン語)等もよく使われています。

日本からハワイまで

ハワイまでの飛行機でのかかる時間は、時差の関係で行きと帰りで違いが出てきます。成田空港からハワイまで行きは通常7時間、帰りは約8時間かかります。
ちなみに、ハワイと日本の時差は19時間もあります。

出典 http://highfive-aloha.com

ハワイで使用する通貨

通貨はアメリカドルで、最も使う頻度が多いのは$20紙幣で、次に$10紙幣、$1紙幣と使う回数が多いです。$1紙幣はチップに多用するので、常に常備しておいても良いくらいです。
観光地ではクレジットカードはだいたい使えますが、ローカルな小さなお店などでは、現金しか使えないところもあります。

出典 http://img.his-j.com

ハワイでの習慣、マナー、ルールってあるの?

欧米では高級レストランに子連れで行くことはあまりないそうです。高級ホテルのレストラン等は、宿泊客でもドレスコードが求められます。最低限、スラックスに指を出さない普通の靴、襟付きのシャツ程度は着ていった方がいいです。例外にハワイではアロハシャツやムームーは許可されているみたいです。
ハワイや欧米のレストランでは大声でウェイター等を呼ぶのはあまり良くないので、呼ぶときは手か目で合図するのが好ましいです。

ベビーカーに子供を乗せたままエスカレーターに乗ろうとすると怒らるみたいですね。日本では注意する人がほとんどいないですが、欧米では他人であっても間違ってると思ったことは注意されるので、気を付けましょう。

ビーチでお酒を飲んではいけません。ワイキキビーチも例外なく駄目です。欧米では公園やビーチなど公共の場で飲酒することは禁止で、毎年多くの日本人がライフガードに注意を受けているとのこと。また、21歳以下の飲酒、18歳以下のアルコールの購入が禁止です。お酒を購入したい場合は身分証明書(パスポート等)を持参しましょう。

たばこは所定の場所以外での喫煙は禁止です。ハワイは2006年11月より州の条例で「新禁煙法」が施行され、所定のエリア以外での喫煙は一切禁止されています。違反すると$50の罰金刑となりますので注意が必要です。携帯灰皿などを持参していくと良いと思います。

「喫煙可能な場所」
・屋根や壁に囲まれていない屋外。(公園、ビーチ、歩道など)
・ホテルなどの喫煙ルーム。
・ショッピングセンターなどに設けられた喫煙エリア。
・喫煙エリアの標識がある場所。
・個人の住居内。

「禁煙な場所」
・出入り口や窓、エレベーター、換気装置部分から6m圏内(ホテルのベランダは禁煙です)
・公共乗物機関(バス、タクシー、トロリーバスなど)停留所も標識がなければ禁煙です。

これは日本と似たような環境です。

出典 http://hawaii-joho.com

チップの使い方

日本にない欧米独特の習慣にチップというものがあります。
本来はサービスを受ける前に払うらしいですが、今はサービス後に支払うのが一般的なようです。金額は、食事などの場合は総額の10%~15%程度(サービスが普通なら10%、良ければ15%といった目安)で、ホテルのルームメイドに対しては1ベッド(枕元など)に$1、ポーターに荷物を運んでもらったら大きな荷物1つにつき$1など、大体相場が決まっています。高級ホテルなどの場合は2倍程度で考慮しておくと良いです。支払う際にあいさつなど、サンキューのような言葉をかけると気分良く受け取ってもらえると思います。
タクシー等でのチップが少し面倒ですが、メーター料金の15%+荷物1ヶにつき$1程度という相場みたいです。
支払いは紙幣が一般的で、レストラン等ではクレジットカードの支払欄に「TIP」という欄があるので、チップを支払う金額をそこに記入して渡します。チップはハワイに着いてからすぐ必要になる場合があるので、事前に$1紙幣などを多めに持参していると役に立ちます。

出典 http://www.hawaii-fan.net

知っておかなければならないハワイに持ち込めない物

ハワイはアメリカ領土なので、テロ防止やワシントン条約等で禁止されているものをはじめ、様々な禁制品がありますので注意してください。意外と多いのが「日本製のカップラーメン」。肉エキスが入っているのもは没収対象になってしまいます。事前確認をして必要とあらば現地で購入しましょう。

時期や法律改正などにより変更が多いので、農林水産省「植物防疫所」のホームページでご確認した方が良いと思います。

通貨
原則無制限。但し、トラベラーズ・チェック等10,000USドル(120万円)相当以上は要申告。

タバコ
200本または葉巻50本または刻みタバコ2kg。

アルコール
1リットル(21歳以上)

持ち込み禁止品
・生物(果物、野菜、乳製品など)
・一切の肉類(特にビーフ・牛のエキスが入っている物)
・動植物
・未加工食品
・イラン産のもの
・ハイチからの皮製品
・キューバ産たばこ
・麻薬、銃器
・ワシントン条約禁止品など

出典 http://www.hawaii-mag.com

次ページ ハワイの魅力とは!?

12
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!