南極 過去最高気温 17.5℃を観測

旅行

南極 過去最高気温 17.5℃を観測

この日は東京より暖かかった

3月1日(水) WMOは、南極半島に位置するアルゼンチンの研究施設・エスペランサ基地が、2015年3月24日に17.5℃まで上昇し、これが南極における史上最高気温となったと発表しました。

出典 http://news.yahoo.co.jp

南極は過去にマイナス89.2℃の記録を残している世界最高の極寒地です。
最近では氷山が融けてきていたり、棚氷に大きな亀裂が入ったりで、南極も異常気象が激しいようです。

日本も近年では地震、台風、噴火など日本各地で見られ、様子から普通ではない異常気象ということがわかっておられると思います。

ちなみに同じ日、東京の気温は15.1℃であったので、南極は東京よりも暖かかったのです。

出典 http://news.yahoo.co.jp

↑   ↑   ↑
こう聞くとわかりやすいですね。あの氷の大陸南極が同日、東京より暖かかったとは。17.5℃なら下手したらシャツでも歩けますよね。南極で薄着で歩けるとはかなりの異常気象ではないでしょうか。

なぜこんなに気温が高くなった?

当時エスペランサ基地には北西の風が吹き付けていました。北西といえば、冷たい風を想像するかもしれませんが、南極は南半球です。北ほど気温が高いために、北西風は暖かな風です。

また基地の風上には山があり、風が山を吹き降りる際に高温になって(フェーン現象)基地に吹き付けたのです。フェーンによって高温記録がもたらされるのはよくあることで、日本の史上最高気温となっている高知県・四万十市の41℃も、フェーン現象が一因でした。

そして、こうした一時的な気象現象に加えて、地球温暖化の影響が考えられます。

出典 http://news.yahoo.co.jp

もともとの温暖化環境に加えて、一時的なフェーン現象が加わり急激に温度が上がったという事でしょうか。この記録的な気温も一時的でまた従来の気温に戻っていくのでしょうか。

あまりイメージが良くなさそうな現象ですが、これは史上初のとてもとても貴重な出来事ではないでしょうか。

極地方は「カナリア」に例えられる

出典 http://i.yimg.jp

カナリアは、炭鉱においてしばしば発生するメタンや一酸化炭素といった窒息ガスや毒ガス早期発見のための警報として使用された。本種はつねにさえずっているので、異常発生に先駆けまずは鳴き声が止む。つまり危険の察知を目と耳で確認できる所が重宝され、毒ガス検知に用いられた。

出典 http://ja.wikipedia.org

カナリアは昔から環境の異常に敏感な鳥だったようで、今でもその特殊技能を生かし日本でも事件の解決にカナリアの力を応用しているみたいです。

南極、北極などの極地方はこのカナリアに例えられるんだそうです。極地方の変化は地球に対する警告サイン。

自然環境だけでなく、社会的にも一昔前にはなかった異常な事件が今は頻発している気がします。

やはり今は地球全体からも見て、何かマイナスな方向へ進んでいるのでしょうか。

日本でも今後、南海トラフ地震や、東京地下直下型地震が懸念されています。

極地方のカナリア説は本当かどうかわかりませんが、自然災害は今はもう他人事ではない話だと思いますので、急な災害に備えて心構え、対策準備はしておくことに越したことはないのかもしれません。

1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ